home【戻ります】 / next【横掛け】

■ 小内刈り

元旭南中学校柔道部 僕の弟に教えてもらいました。


1.

小内刈り1.受の背後から受取の足の位置

相手が両足を開いているとかかり易いです。
相手を動かし、自分の右足を踏み込み、体を使って左斜め前方に崩します。

2.

小内刈り2.受の背後から小内刈り2.取の背後から

相手を崩したらさらに相手を動かして、右足に体重が乗る瞬間を狙って払います。

左足を引き寄せ、左膝を曲げてこれで体を支えながら、右足首を伸ばし、自分の右足の小指側が畳を擦るように相手の右足を左真横に払います。
この時相手の右足に体重がかかるように、さらに体を使って相手を崩し続けます。

小内刈り 練習の仕方

小内刈りは足払いの基礎練習には最適の技かも知れません。右組の場合の練習の仕方を書きます。

1.合四つで組みます。
2.受の人に左に一歩ずつ歩いてもらいます。出来るだけ大股で、まるでスローモーションのように大袈裟に、出来るだけ大きく。
3.取は左足を開いて左膝を軽く曲げ、左脚一本で立ち易い状態を作ります。
4.受の右足が着地する寸前、受の股が開くように自分の右足でこれを外へ払います。払い易いように3.で自分の左足を外へ開いておいた訳です。

慣れたらだんだん早くしてみて下さいね。くれぐれも受に痛い思いをさせないように。痛がらせたということは、ちゃんとコントロール出来ていない証拠です。


投げ技を教えて頂ける方、下さい!ご意見、ご感想もお待ちしています!
技は全て右組で紹介しています。左組の方は左右読み替えて下さい。


home【戻ります】 / next【横掛け】