home【戻ります】 / next【谷落し】

■ 大内刈り

元知多東高校柔道部顧問 K.T先生に教えて頂きました。



1.

大内1崩しているところ。大内1受の背後から

受取の足の位置

相手が両足を開いているか、左足を一歩前へ出しているとかかり易いです。
相手を動かし、左足を踏み込んで来た瞬間自分の右足を踏み込み、体を使って右斜め前方に崩します。

2.

大内2内側から相手の脚を刈っているところ。大内2受の背後から

受取の足の位置

続いて左足を引き寄せ、左膝を曲げてこれで体を支えながら、右足首を伸ばし、大きく円を描くように足先は畳を擦りながら相手の左足を内側から払います。
この時相手の左足に体重がかかるように、さらに体を使って相手を崩し続けます。

アマチュアレスリングでの大内刈り

レスリングだと差し合った体勢から大内刈りを掛けます。
例えばお互いに右腕でお互いの左脇を差し合った状態だと、自分の左足で相手の右脚の内側を掛けにいきます。
柔道家で右組の人は「左右逆って窮屈だな・・・」と思うことでしょう。
で、レスリングでの大内刈りの鉄則は、「相手の右脚を狙うなら、相手の体の左側(自分から見て右)に自分の顔を持って行かない事」です。
これを守らないと簡単に返されてしまいます。柔道でも、大内刈りをいつも返されて困っている人は、この点を注意するといいかも知れません。

たまには違う角度から考えてみる

ちなみにこのノウハウは、ジャンボスポーツクラブで教えて頂きました。
掲示板等もありますので、アマチュアレスラー・柔道家の方は遊びに行ってみると面白いと思います!


投げ技を教えて頂ける方、下さい!ご意見、ご感想もお待ちしています!
技は全て右組で紹介しています。左組の方は左右読み替えて下さい。


home【戻ります】 / next【谷落し】