home【戻ります】 / next【大内刈り】

■ 背負い投げ(双手背負い)

僕の中学・高校時代の同級生で元鹿屋体育大学柔道部 N.M君に教えて頂きました。



1.

釣り手の様子

釣り手は相手の鎖骨の辺りの襟をとり、四指を巻き込み、釣手の甲を相手の体につけます。
低い位置の襟を握ると、担いだ時に隙間が出来てしまうからです。
引き手は普通よりも深いところをとります。
相手のリーチがあればあるほど深い位置の袖を握ります。

2.

双手背負い2.取の背後から受取の足の位置

相手を動かし、相手が右足を踏み込んで来た時、自分の右足を踏み込んで左手で斜め上方に引き出します。

3.

双手背負い3.

前回り捌きで体を回し、右前腕を相手の右脇に入れて担ぎます。(右脇は絞めますので写真は間違ってます)
この時右肘が痛い場合は釣り手が低い位置を掴んでいるとか右手の甲を相手に押し当てていなかった、
前の段階で斜め上方に相手を引き出せていない等の理由が考えられます。
両脚を伸ばしながら相手を目前に投げます。

背負い投げの得意な人が羨ましい!

柔道と言えば背負い投げ。背負い投げを得意技にしている人は多いと思います。
背負い投げは、相手を引き出して投げる技ですから、逆方向の技である大内刈り等と併用すると効果的でしょう。・・・って常識ですか?
それから背負い投げが得意な人に提案です。膝を付いて背負いを掛ける人には尚お奨め!それは肩車です!入るタイミングが全く同じだそうです。
チャレンジしてみる気のある人は、膝用サポーターを用意してから肩車の解説へどうぞ!


投げ技を教えて頂ける方、下さい!ご意見、ご感想もお待ちしています!
技は全て右組で紹介しています。左組の方は左右読み替えて下さい。


home【戻ります】 / next【大内刈り】