home【戻ります】 / next【背負い投げ】

■ 内股

元名城大学柔道部主将 M.S君に教えて頂きました。



1.

内股1引き出すところ受取の足の位置

M.S君に習った内股は、払い腰等の前回り捌きとは少し違います。
相手を動かし、相手が右足を踏み込んで来た瞬間自分の右足を浅く踏み込みます。
両手を使って相手を引き付けます。

2.

内股2前回り捌き受取の足の位置

続いて左足を相手の両足の間に出来るだけ深く送ります。

3.

内股3跳ね上げるところ

左足を出来るだけ深く送ったのは、相手の股間を真下から自分の腰で跳ね上げる為です。

Point.

・後で深く左足を送る為、右足を浅く踏み込む。
・後で相手の股間を真下から自分の腰で跳ね上げる為、左足を深めに送る。


内股 ありがちなミス

内股を練習している子で陥りがちなミスは、相手の脚をを自分の脚で跳ね上げる事に夢中になり過ぎる事ではないでしょうか?
ていうか、すいません、それかつての僕です・・・。昔は脚だけで何とかしようとする子でした・・・。
実は払い腰もそうですが、上半身の引き付け方を覚える方が上達の為には遥かに簡単な気がします。もちろん力づくで引き付けるのではなく、相手を観察した上で無理なくタイミングよく引き付ける方法を学びます。
その為には歩きながら行う「移動打ち込み」や、ゆっくり確実に相手をコントロールする投げ込み等の練習が役立つと思います。

内股 練習のコツ

この場合の投げ込みは勢い良く行う必要はありません。ゆっくり行う方がより難しいものです。
その際に、受け役の人は巧く崩れて相手が投げ易い、あるいは打ち込み易いような体勢になってあげると上達が早まると思います。
もちろん、その為には受け役が上半身の引き付け方をある程度理解している必要があります。受けが上手な人は上手な崩し方も解っているものです。


投げ技を教えて頂ける方、下さい!ご意見、ご感想もお待ちしています!
技は全て右組で紹介しています。左組の方は左右読み替えて下さい。


home【戻ります】 / next【背負い投げ】