Home > レスリング > | 両脚タックル > 両脚タックル(腕を跳ね上げる)の動画

両脚タックル(腕を跳ね上げる)の動画

これは最も判り易いタックルだと思う。
初心者だったらこれから始めるのがいいんじゃないだろうか?とレスリング初心者の私は思うんだよ。

一番最初の ' Here we go! ' 以外はなんて言ってるのかサッパリ判らないから適当に思ったことを書いてみるよ。

これは相手が自分の両肩を押してきた場合・・・とかじゃなくて、ドリルとして考えて相手に自分の両肩を押してもらうのがいいと思うな。

それを自分の両手で下から肘を跳ね上げながら、胸から当たりに行く。
動画で先生が立ててるあの右脚がとっても大事だって習った。両膝着くとか論外。立てる脚が反対とかありえん。
(この先生って左足が前だね。右組の私はなんか違和感あるよ。)

他の動画サイトでは「頭で押せ」みたいなことを言ってたけど、自分の習ったのと微妙に違うかな。
まあ、結果的には一緒だけど、自分はここから倒すのが苦手でついついバックに回ってしまうのだ。
柔術的にはそっちの方が戦略的にはいいのかも知れないけど、多分、当たりが弱くて押し切れてないと言うか、崩せてないと言うか、まあ私のタックルはちょっと失敗クサイ。

浜松のボンサイ柔術のソウザ兄弟のタックルはこのスタイルしか今のところ見たことがないよ。
でもアームドラッグとかも強烈だし、数年前に試合場でマウリシオとマルキーニョスがタックルの打ち込みしてるのを見てて凄く上手だったから、もっとバリエーションがあるのかもね。

個人的には違う崩しからの両脚タックルをモノにしたいと思ってる。
レスリングでも柔術でも柔道でも、崩しがあるとかなりレベルが変わってくると思う。
タックル関係の崩しが知りたいのだ。

この「両肘を跳ね上げる」というのも崩しだよね。

Home > レスリング > | 両脚タックル > 両脚タックル(腕を跳ね上げる)の動画

Search
Feeds
Old Contents
Tag Cloud

Return to page top